読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Q刑Q年 in Q州

主にもうすぐ稼働終了しそうな大人気クソつまらないゲームことクイズマジックアカデミー通称QMAについてのアレコレを書いていきたいと思います。

#21 東京事変

トーキョーグリモワール

アップデートから2か月くらい経ったのでしょうか?間違いなくこの10年間で最高のQMAです。ボジョレーヌーボーではありません。最高にゲームしてます。ほっとんどプレイしていませんが。スプラトゥーンとかCOJとか忙しいし。

 

ここが凄いぞグリモワール

書き出すとめっちゃ長くなりそうですが本当に本っ当に遊びやすく、1クレあたりの満足度が高くなりました。本来こうあるべきでしょって部分にプラスアルファがある。今まで開発チームは寝てたのか?ってくらい仕事してます。ここまで完成させて次はどうするの?え?次ないの?いよいよ稼働終了なの?そっかあって感じです。

 

デフォルトビジュアルのリニューアル

何年ぶりか知りませんがようやくイラストが刷新されました。豚を釣って豚から搾取するのゲームでイラストの不足は死活問題です。これが解消されたのはとても大きいです。暁の鐘(そういえば暁の鐘関係の記事とかまったく書いてませんでしたが一応少しはやっていました。本当に少しだけですけど。年間50クレくらい?)でも一応優勝絵とか一部リニューアルされていましたが優勝すると嬉しくて感動で頭がパーンしてたマヤちゃんとか良い具合に小奇麗になりました。

シンプルな第一、第七アカデミーの制服も好きですがマラリヤとかリエルとか制服なのかコスプレなのかよくわからない連中が跋扈していたので統一的なデザインをベースにそれぞれのキャラクター毎に個性をもたせたのはとっても良いことだと思います。ちゃんと青少年が学生しています。先生がフリーダムなのはもういいや。知らん。

暁の鐘から検定テーマイラストにキャッチーなものが増えてきてもしや次回作ではイラスト周りのリニューアルも期待できるのではと思っていたところ、期待を裏切らない仕事ぶりでした。願わくば、これをあと5年早くやってくれていればという感じです。

 

順位決定戦の導入

革命です。

10年間QMAをシコシコやっていたオタクは椅子から転げ落ちたことでしょう。

KONAMIが、とにかくお金にがめついあのKONAMIが、よくもこんな有情な措置をしたものです。感銘を受けました。殿様商売に定評のあるあのKONMAIがここまでしなければならいほどソシャゲは強いということでしょうか。黒ウィズとか手軽で面白いですしね。

予選敗退→台パンして帰宅だったこれまで流れが、予選敗退→もうちょっとだけ遊べるドン!に変わったことで、クイズは1問でも多く解きたい、対人ゲームは最後までしっかり決着をつけたい、そういう潜在的な欲求をがっつり満たしてくれます。予習6問+予選10問+決定戦12問は最低保証。しかもその決定戦では自分が好きな(得意な)形式を取り敢えず3問は見知らぬクイズオタク相手にぶん投げることが出来る。小さいことですが、こういうほんのちょっとのカタルシスがあるというだけで、ストレスゲージは大幅に下がります。願わくばこれを、あと7年早くやってくれていればという感じです。

 

店舗大会ロードマップの導入

その昔、旧友あてに主張していたことがようやく導入されたなとひとりほくそ笑みました。どうもこんにちは、私が予言者です。

大会や交流会を定期的に開催する店舗に対して公式が景品配布等を行ったりスケジュールを示したりシてバックアップするというのはTCG界隈ではよくありましたが(QMAでも過去作において公式が店舗大会用に景品配布とかやっていたようですね、知りませんでした)個人的にはクイズゲームでそれをやっても一部のグッズオタクがブヒブヒ言うだけで界隈全体としてはあんまり盛り上がらないだろうと感じていました。カードゲームならその景品であるカードを手に入れることで戦略の有り様が変わることもあるものですが、クイズゲームでグッズを手に入れたからといって知識が増えるわけでも直感が冴えるわけでもないので、結局ゲームに直結しないから一部のグッズオタク兼クイズオタク以外はそんなに熱を入れないだろうなと。

それよりも、何を目標にどう行動するかの目安となるロードマップを充実させれば、年間通じてどう遊ぶかなんとなく見えてくるだろう、と。地元でデカイ大会がいつあるから、いつまでにスポーツとアニゲを回しておくか、その日の前後で有給休暇申請しとくか、みたいな。そして行動計画に支障をきたさないよう、予め年間スケジュールを示すべきで、主要な大会の前には一段グレードの低いトライアルを複数箇所で開催して、年間で一番権威のある大会は完全にインビテーションにする。というのが僕の主張するところでした。ほぼほぼそうなってんじゃん!すごい!

 

次にやるべきはレギュレーションの整備と表・裏街道の整備じゃないかなと思います。サブジャンルごとのNo1決定戦とか総合正解率で足切りのある大会とか。クイズプレイヤーの99%は自己顕示欲の塊だという統計上の結果も出ていますので、茶臼芸人やギャラリー界であってもそれぞれの得意とする分野ないし領分でなんらか「人前で1位を取る」体験が出来るような道があると良いんじゃないかなと思います。ついでに特殊称号みたいなのも手に入るようにするとか面白いかもしれませんね。例えばアニゲーのG1大会で1位を取ったら「アニオタ」、予選敗退したら「萌豚」とか。そうすれば2位以下であっても予選敗退であっても色々とおいしいですし盛り上がると思います。

 

解答速度による点数増減幅の拡大

私のお仲間さん連中は揃いも揃ってブーブー言っていますが、チンタラ答えても1位が取れるクイズゲームってのはなんだかんだテンポを悪くしていたと思いますし、やっぱりおクイズの原点というか原風景は早押しでの解答に在って、いかに早く、いかに正確に解答できるかを競ってなんぼだろうと思います。

ただ減少幅についてはもうちょっと調整できるんじゃないかなとは思います。今の仕様だと連想やエフェクトでCOMが鬼のような強さになるんで、例えば規定時間内に解答入力できれば一律満点。規定時間を過ぎてからは解答速度と正解者順に点数が一定割合増減。COMは自動的に最終解答者となる。とかでもいいんじゃないかなと。

 

 

まだまだあるぞグリモワールのいいところ

まだまだ前作までと比較して良くなった点はありますが、一旦休憩を挟みたいと思います(貧弱)

何度も言いますがトーキョーグリモワールはそのネーミングのイロモノさに反して、ここ10年で最高のクイズマジックアカデミーです。遊びやすさも、クレジットあたりの満足度も、QMA6~7あたりでつまらなくなったからちょっと辞めちゃった的な人がもう一度触れば暁の鐘のマヤちゃんみたいに感動でパーンとなると思います。頭が。

 

#20 このキャラといえば?

QMA6までは「今年はどんな人が出てきたのかな?」的な感じで確認していたのですが、一旦ゲームから離れると興味がなくなるというかどうでもよくなるというかで存在ごと忘れていたのですが、どうやらその後も7、8、賢、賢2と毎年毎年飽きもせず開催されていたようですね。天の学舎では何かしらあって廃止されてしまったのか中の人がやる気を失ったのかなんなのか知りませんがどうも開催されてない?ようで、あーららって感じです。

個人的にこのキャラといえばこの人!このジャンル・形式といえばこの人!みたいな(別に「キャラ人気投票」でも「ジャンル・形式擬人化プロジェクト」でもなんでもいいですが)ユーザーイベントをパーッとやるって店舗大会と同じくらい大事だと思っていて、プレイヤー同士の話のネタにもなるし、界隈で共有できる話題がある(その軸がひとつ増える)ってのは年齢層やプレイスタイルもまちまちで、クイズ要素とあってなきが如きストーリーやキャラ設定以外に特に語ることがないこのゲームでは交流のツールとしてある程度意味を持っていたんじゃないかなと思っていたのですがなんかもう面倒くさかったんでしょうね。みんな「楽しみっちゃ楽しみだったし大事なのはなんとなく解ってるけど面倒くさいから自分ではやりたくない。誰かがやってくれればいい」って感じなんだろうと思います。少なくとも私はそうです(正直)。

とはいえなんとかしなきゃという危機意識ばかりが先行して、何もしないで手をこまねいている状態は自分としても良くないと思いますので、来年度…暁の鐘では何か手立てが出来れば、と考えています。まあ、暁の鐘が面白いと感じるようなゲームだったら、の話ですが。

#19 TOPAZ

やったぜ。

7年ぶりに宝石賢者になりました。

7年。

当時小学1年生だった女の子も初潮を迎えランドセルを卒業し無事に女子中学生となり今やセーラー服に馴染んできた頃合いでしょうか。青少年の7年たるやなんと劇的で鮮烈なのでしょう。まさに圧倒的性徴。いや成長。およそゲーセンいってタバコ吸ってたらいつの間にか7年経っていました☆とかいうオッサンの7年とはえらい違いです。本当に。

本当に…。

 

色的には相変わらずの黄玉賢者です。結構文系も投げてたんで瑠璃賢者もあるかなーと思ってましたがそんなことはなかったです。

 

正解率的には2015年2月28日時点で総合69%くらいでした。休止前までは70%くらいをウロウロしていたのですが某2ジャンルに両足を引っ張られどうしても総合70%を維持することが出来ませんでした。無念です。

次回作ではなんとか72~75%くらいの範囲で正解率を維持していきたいですね。チャットやあいさつを打つ相手も往年と比べると少なくなりましたし、まあ、いけるでしょう。多分。

 

jubeatをちょこちょこやってるんですが、propから追加されたあのホールド譜面ってあれ面白いですね。これからの追加楽曲(譜面)に期待したいです。

#18 あほくさ

クイズマジックアカデミーはもうダメだな!!

 

金剛邪神を3クレ。

 

ノンジャンルの邪神だから出題的に

「芸能○×」→「アニゲタイピング」→「文系連想」→…

とかじゃなくって

「ノンジャンル○×」→「ノンジャンルタイピング」→「ノンジャンル連想」

となることを期待してたんですが、まんま前者でとんだ期待はずれでした。HPも攻撃力も1.5倍…とは言わないまでも、1.2倍くらいまで強くしても良かったんじゃないかなぁと思わなくもないところです。

討伐・封印難易度は通常邪神とたいして…というか、まったく変わらず、正直、激萎えしました。いやぁ…これはいかんでしょう…。

出題もただ問題プールをジャンル跨ぎにしただけ(上述のとおり)のやる気のない仕様。マジやる気あんのかって感じです。「QMAなんてだっせーよな!」「帰って黒ウィズでもやろーぜ!」と声を大にして叫びたい。いかんでしょう。

 

最後の全国大会も終わり、いよいよシーズン最後のラスボス、そこに満を持しての金剛邪神登場とこれはもうゲーム的に王道の展開といってもよくええやん気にいったわと非常に感心していたのですがこの落差ですよ。こんなショッボイ邪神のために100円使わせたんか!あほらしもうやめたらこの仕事!と苦言を呈したくもなろうというものです。

 

そもそもじゃ新鮮そのものについても、各色の邪神毎にストーリーがあっても良かったんじゃないかなとか、全員にまんべんなく魔法石分配・プラチナ授与じゃなくって貢献度(正解数)に応じて獲得数が変わるとか協力的要素と競争的要素のバランスをもうちょっと調整しても良かったんじゃないかとか、バフ効果の見直しとか、もろもろ調整点・問題点の指摘改善要求等雑感もあるわけですが、とにかく次回作では(似たようなイベントやるなら)是非とも何とかして頂きたいところです。

 

というわけでしばらくは一問多答ほかマルチジャンル系の問題整理に励みつつ、黒ウィズ生活を満喫してようと思います。ここまで来たらウィズにはQMAを終了まで追い込んでもらいたいですね。

#17 鐘

毎回毎回生存報告するのも面倒なので、省略。半年くらいずっと黒猫のウィズをやってました。結構課金もしました。貯金減りまくりです。参ったね。

 

 

■ 暁の鐘

各所で散々レビューされていますが、変更点についてアレコレ確認をしていきたいと思います。

 

 

(1)全国トーナメントが16人制から8人制に

そして決勝が4人制から2人制に。割と大きな変更な気がしますがドラゴン組ですら16人集まらない現状これはもう仕方ないですね。トーナメントモードが廃止されなかっただけでもよしとしましょう。

予選→準決勝→決勝の構成がどうなるかはわかりませんが、現状の、実質あって無いような…全員生き残り当たり前状態の予選はどうにかテコ入れして欲しいなーと思うところです。

学舎でドラフェニを行ったり来たりしてるような人はちょっと決勝に行きにくくなる…のかな?とも思うところですがどうなんでしょうか?このあたり上手いこと調整されてると期待したいところですがあんまりやりすぎると普通にクイズ強い人が面白く無いでしょうし正直良くわかりません。

 

 

(2)決勝がHP制に

当てれば勝てて外せば負けるというところに変更がなければ、特に言うことはありません。強いて言うなら今はそれなりのレベルの問題が12問確実に出題される(出題数が多い=回収の機会が多いということ!)ので少なくとも9問くらいは確実に見れるような仕様だといいなぁって感じです。

あとなんか負けると服が破ける(?)らしいです。正直良くわかりません。

 

 

(3)トーナメントでお助け魔法

キャラごとに使用できる魔法が違うとか階級高いと強い魔法が使えるとかでなければ(学舎の全国大会みたいに全員が同じ回数・同じ条件でお助け魔法が使えるのであれば)別にいいんじゃないかなって思います。

そうならないことを願うばかりですが、現在の協力プレイのように「初回以降お助け魔法を使いたければPASELIで魔法を購入してね♡」状態になるのは目に見えてますので、若年層にやさしいお値段設定であることを祈るばかりです。(いっそプレイヤー間で「トーナメントでは魔法は使わないようにする」って暗黙のルールをつくって、それが全プレイヤーレベルで浸透すれば…あるいは…?)

 

 

(4)ヴァニィ(実況キャラ)の追加

トーナメントの演出と言う名目でテンポ感をただただ削いでいただけのキルミー赤崎ティアルとかいう無能妖精よりはマシな働きをしてくれると期待したいです。

願わくば実況のオン・オフをユーザー側で設定できるようにしてほしいところですが、ティアル赤崎もついぞOFFに出来なかったのであまり期待はしていません。

 

…どうでもいいですが、Wikipediaで「赤崎千夏」を調べるとプロフィールの欄に「愛称:キルミー赤崎」ってちゃんと書いてあるんですね。

 

 

(5)タイトルロゴの変更

なんか80円くらいで売ってる駄菓子みたいなフォントになりましたね。あんまり個人的には歓迎しませんがぶっちゃけゲーム中は見ない部分ですしいつか慣れる…でしょう。前のロゴのままでもよかったんじゃないかな?と思うのですがきっと何かKONAMIにも深い事情があるに違いありませんのでいつか詳しい説明が聞けたらなと思います。

 

 

(6)マジック☆コロシアム

協力プレイについてはあまり多くを語るに足る材料を持っていませんのでなんとも言えませんが、つのだ☆ひろみたいでいいんじゃないかなと思います。

動画見た感じ演出も華やかになってるみたいですしゲームやってる感は感じやすくなってるんじゃないかな、と。アカデミーの人間ってどいつもこいつも雷系の魔法ばっかり使ってるイメージでしたが動画内では火の玉(隕石)みたいなの撃ってましたよね?そこら辺の設定がどうなっているのか(単にKONAMIが忘れているだけなのか)若干気になるところですが、差し当たってどうでも良さそうな部分なので今は忘れておきたいと思います。

 

 

■学舎にお別れ

というわけでもうすぐ天の学舎ともお別れです。

都合7年ぶりにやる気を出して頑張った(結果的に半年くらい離脱してしまいましたが)シリーズであり、おそらく「クイズマジックアカデミー」と言われて(聴かれて)多くの人が思い浮かべるイメージであるところの最後のクイズマジックアカデミーシリーズとなりそうなだけに、少し寂しくなります。

新しいクイズマジックアカデミーが楽しいゲームになってくれることを期待しています。まあ、つまらなかったらウィズ生活に戻るだけだけどな!